セブ島英語学校(通称3D)の代表取締役に就任することなりました。

昨年6月より経営参加をしてきた英語学校(通称3D、正式名称3D UNIVERSAL ACADEMY)の代表取締役に正式に就任しました。
この1年はオーナーとしての位置付けで、経営への助言をするにとどめてきましたが、今後は特に海外での集客を中心に本格的に関与していく予定です。
そして今回のセブ島滞在(5月26日~6月1日)は従業員全員の面接実施(50名以上)と、新しい学校運営の体制のためのパーティーへ出席するためです。

1.日系最大規模の英語学校 昨年6月より旧MTM JYを実質買収するかたちでスタート。

今年1月より名称を改め3D UNIVERSAL ACADEMY(通称3D)となりました。現時点で最大収容人数約80名の日系最大規模のセブ島英語学校です。

2.現地従業員との溝をなくす

これまではオーナーという立場を維持することで、全経営陣にすべてお任せしてきましたが、今後は特に現地従業員とのコミュニケーションを図ることで、さらによい学校運営の体制にしていくつもりです。したがって、管理部門、教師陣の全員と一度面接を実施することにしました。

3.WEBサイトをリニューアルしたいな・・・

日本の運営母体がインターネット会社なのに、関連会社のWEBサイトのクオリティーがこれだと結構厳しいですね。http://3d-universal.com/
早急にリニューアルもしたいし、とにかくまずは全員との面接だな。。

ということで、MBA中は隠居生活をおくるプランが木っ端微塵に砕け散り、オーナーとか経営とかどうでもいいから、とにかくよい学校にしたいという気持ちで一杯です。まずは当面の課題である日本人以外の生徒さんの割合を50%以上まで持っていくつもりです。

ということで、これからは英語学校のことについて書くことが増えるかもしれませんが、引き続きよろしくお願いします。

↓よろしくお願いします。 ↓
emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 3D(セブ英語学校) | 1件のコメント

Macroeconomics~Spring Week1,2①

ノーベル賞を多数出しているシカゴ大学の教授が教えるマクロ経済学。いわゆる新古典派と言われる理論を元に、マクロ経済をさまざまなモデルを使って理解する授業。

1.中心はモデルの理解

マクロ経済というと、Microeconomics(ミクロ経済)と違って非常にわかりにくいイメージがあるのですが、労働市場、消費、貯蓄、政府の政策などを経済モデルを使って説明できることを授業の目標としています。

2.思った以上にてこずる内容

最初は数式が中心なので余裕だと思っていたのですが、これは大変。なかなか理解が進みません。数式の理解というよりは、論理的理解。コンセプトなども英語での理解がなかなか進まず、思った以上に苦戦しています。

3.10回のクイズと2回のExams

合計12個の試験で成績がすべて決まるという、一見日本人向きの授業。このクイズがなかなか曲者でなかなかよい点が取れずに苦戦しています。通常2択で10問の問題だと、9,10問正解して当たり前のイメージなのですが、とんでもない。6~8問で低迷している。。。

4.Microと比較して・・・

おもしろくない。。。大学の頃経済学のつまらなさに辟易して学校に行かなくなりましたが、改めて勉強してもMacroはおもしろくない。やはり僕は学者にならなくて正解だったようです。(僕の大学時代のクラスメイトで某K大の有名教授がいますが、やはり僕には合わないようです)

レコードした授業内容やレビューセッションを何度も聞いて、繰り返しコンセプトの理解と感覚を身に付けるしかない気がします。思ったより大変だ・・・、Aが取れるか不安になってきたぞ。。。それどころか、この試験問題過去最高レベルで難解です。

もしかしたら、人生で一番難しい試験になるかもしれません。
ちょうどこのブログが更新になる頃には中間試験が終わっています。
よい手ごたえで終わっているといいのですが。。。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 4th Quarter, Spring Week1,2 | コメントをどうぞ

MBAでの発言について個人的見解

今日はよい機会なのでMBAでの発言について1年経過した段階での感想をまとめたいと思います。僕個人としてはほとんどできていない状況なので、このようなことをまとめる立場ではないかもしれませんが、日本人MBA生の多くがこの部分で苦戦をしているかと思いますので、参考になればと思います。

1.シカゴ大学のEMBAでの発言

一般的にクラスパティシペーションといい、クラスでの貢献度のことをいいます。これまでの授業を見てみると0~30%(最大)くらい。HBSや他のMBAと比較をすると低い傾向にあるかと思います。

2.思ったより成績に影響しない

これまでの授業の中で比較的これが高かったのが、StrategyとOperationsでした。結局のところ70%近く試験結果やグループアサインメントが多く割合を占めているので、こうした授業で全く発言をしなくてもAをとっているクラスメイトはいるし、成績への影響は思った以上に少ない印象を持っています。

3.実際の例(Operationsの場合)

僕の発言はいわゆるCold Call(突然当てられた)のときだけでした。Midterm(中間試験)が個人試験、Final(期末試験)がグループ試験でした。自分なりに試験の結果をA、B、Cで評価をすると、

Midterm ?(結果が返ってきていない)
発言 B~C
Final B~C+(点数見ると低かった。。。)

これで最終的な結果がB+でしたので、おそらくMidtermがまあまあよい点だったのだと思われます。個人のテストやグループ試験でよい点を取れば、発言をしなくてもAを取れる可能性は十分にある印象です。

4.なぜ発言ができないのか

これは僕の例でいくと、最初の半年くらいは全く授業についていけませんでした。そもそもこの段階ではテスト対策に追われて(落ちるのを恐れていたため)、授業準備がほとんどできず、そのため授業中に何を言っているのか理解できないため、これでは発言できるはずがありません。

1年たって現在はなんとか準備をしてクラスに臨むようしています。(特に発言が重要な授業)そうして授業に臨むと発言するチャンスは思った以上に多いですね。

5.それでもなぜ発言できないのか

やはり英語の壁です。大きく分けると、教授の質問や議論の流れを的確に理解する英語力と、自分の意見を的確に伝える能力、これが自分は他のクラスメイトと比べと圧倒的に低い。

まず前者ですが、想像以上に高い英語力(リスニング力)が必要になります。いまだに7,8割も理解はできていない状況で、悪く言えば半分くらいかな。準備をしてこの内容なので、いまだに授業についていくことに苦戦しています。

6.やはり自分の英語に自信がない

それでは後者についてですが、なんといっても自分の英語に自信がないことが大きな原因です。英語に自信がない→発言できない→英語力伸びない、という典型的負のスパイラルに入っています。MBAで実際に学んでいる人はわかると思いますが、教授の質問の半分くらいは典型的な質問ですので、準備をすれば発言できるものが結構あると思いますので。

7.MBAでの発言全般について

あくまで個人的な見解ですが、発言している人のほうがそれがどんな意見であれ、発言していない人より貢献していると考えています。決して発言しない人を批判するつもりはなく、クラスの中にはすごい優秀だし、英語力も高いのに全く発言をしない人とかもいる。個人のポリシーとか、いろんな考え方が世の中にはあるので、僕はそういう人も尊重したいと思います。

ただ、僕個人としてはもっと頑張らないといけないと思っています。僕がMBAがあんまり好きではない(正直な気持ち)のは、授業中になかなか発言できないことや、自分の英語力(特にコミュニケーション能力)が低いことを、MBAの授業のたびに感じてしまうからです。

一方自分で起業し、好きな仕事をしている僕にとっては貴重な経験で、せっかくなので頑張ろうと思っています。引き続きよろしくお願いします。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: EMBA(2012~2014) | 2件のコメント

2013年ベトナム出張⑫~最終章(ベトナム起業のススメ)

合計12回にも及ぶベトナム出張編がいよいよ幕を閉じます。この人本当に仕事とMBAの勉強しているんだろうか。。。という冷たい視線も感じつつ、今日はベトナム起業のススメです。

1.なぜベトナム起業を勧めるのか。

僕は日本人にとってベトナムを起業しやすい国、そして発展させやすい国として一押しします。

①投資コストが小さくすむはず

起業する場合、まず資金の問題にぶちあたります。日本で資本金3百万円で僕の場合は起業しましたが、3百万円なんて一瞬で消えてなくなります。この3百万円ですが、ベトナムだとかなりの価値になりますので、なくなる前に事業を起動に乗せれる可能性が高まります。

②ベトナムをきっかけに中国進出も

ベトナム語自体は書き方はフランス語の影響を受けているのですが、発音や会話はかなり中国語の影響を受けているようです。僕は一旦中国語の勉強を断念しましたが、ベトナム語→中国語っていうのみありなのかな・・・と考え始めています。

③日本人少ないがベトナム人は日本人好き

少ないので、日本人相手のビジネスとなると?ですが、個人的に日本人がもっとアジアで起業すればいいんじゃないかと思います。①にも書きましたが、日本語お金を貯めて、ベトナム起業は成功確率が高いと思います。現地のベトナム人は、中国人、韓国人は嫌いだけでも日本人が好きという人が多いので、仕事がしやすい可能性が高いです。

④IT系の起業がしやすい

これは定かではないのですが、数年税金支払い免除という話があります。
※外資100%出資も可能ということです。
ここらへんについてはきちんと一度調べている必要がありそうです。

⑤極めつけは・・・

基本的にまだ発展途上の国ですので、日本のような豊かな国から来ると非常にエネルギーを感じます。中国と同じようなにおいを感じますね。10年以上前に体験した、起業で味わった厳しさを思い起こすにはこの国しかないかな・・・(ベトナム進出ありか???)

これ以外にもとっておきの情報があるのですが、ここでは言えません。残念ながらこの情報については親しい友人ですら言えません。ゴメンナサイ。。。

2.一応に日本料理屋もリサーチしました。

12時くらいに入ったけど、本当にガラガラでした。

なぜか巨大かき揚げ二つとそば大盛りに、チャーハンがついたセットメニュー。韓国料理は多いので洗練されていますが、日本料理は???(もっとたくさんよいのが出来て欲しいです)

3.フィリピンと比べると

まず安全性。そしてフィリピン人に詳しいベトナム人いわく、ベトナム人は気が優しい人が多く、フィリピン人は気が強いそうです。フィリピンは英語が通じるというメリットはありますが、特にマニラなんかは危険なイメージがぬぐいきれません。(セブ島は比較的治安がよいと思います)
※ベトナム特有のバイクでのひったくりなどは多発しているらしいので、日本やシンガポールと同じ感覚ではいけないとは思います。

僕自身まだベトナムVSフィリピンの部分は?の状況です。フィリピンの事業は完全にオーナーという立場を貫いていましたんで、直接フィリピン人と関わってこなかった。実はいろいろあって、僕が今後深く関わることになりますので、そのご報告も含め、5月26日~6月1日にセブ島へ再度行くことになりました。

次回滞在はフィリピンのもっと深いところは報告したいと思います。
いずれにしてもベトナム出張編これにて終わります!!!(応援ありがとうございました)
淡白でゴメンナサイ、また来るのでこれで許してください。。。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 2013年4,5月ベトナム出張 | コメントをどうぞ

悩みに悩んでConcentrationをやめた件

シカゴ大学のEMBAでは、9月のElectives(選択科目)と3月の選択科目を取ることで、Finance、Entrepreneurship、Strategyのコンセントレーションを取ることで、MBA in ○○○とすることができます。もともと起業をずっとやってきたので、Entrepreneurshipを取ろうかなと思っていたのですが、最終的にはやめました。※9月の選択科目はコンセントレーションにとらわれることなく、勉強したい科目を選択しました。

1.EMBAという場

仕事をしながらという場でもあるため、勉強がすべてではありません。どうしても学びたいという事情があれば別ですが、本来は仕事も並行して力を入れていかなければいけません。MBAを最終的に最後まで取得するということに大きな意味はあるかもしれませんが、コストが追加でかかる(渡航費含めると1百万円くらい)ことを踏まえると、見送るべきだと判断しました。

2.GNVCについて

EMBAの事業コンペのようなもの。僕の場合すでに海外という実践の場で立ち上げ、力を入れていかなければいけない事業がいくつもあり、いまさらコンペに参加すること自体が?となりました。英語でのプレゼンを磨くという意味はあるかもしれませんが、むしろ実践の場で磨くべく話です。そもそもの話でいくと、会社のトップである僕が事業のアイデアを外部で発表することも?です。※このGNVCがEntrepreneushipに必須だったこともコンセントレーションをやめた一つのの理由です。

仕事がおもしろくなってきたので、MBAはさっさと終わらせてしまおうという思いもあります。上記コンセントレーションを取ると3月もシカゴに行かなければいけません。そろそろ勉強モードから目を覚まして、仕事をやれというお告げなのかもしれません・・・

一方3月にシカゴに行かないと卒業式には参加しないことになります。僕自身セレモニー的な行事には全く無頓着であり、①会社のお金を使って卒業式に参加はそもそも×②わざわざ1日のために大金(渡航費)を使うのも個人的にに×、ということで卒業式自体(シカゴ)参加することも見送りそうです。※2月に事前に簡単なセレモニーがシンガポールでありますので、それには当然参加します。

なんにせよ、仕事をしながらのEMBAきついな、勉強はもういいっす。。。まだ10ヶ月ありますね、でも2月が終わりだと思うと少し気が楽になりました。とにかく全力で頑張ります。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: EMBA(2012~2014) | コメントをどうぞ

業務連絡です。

いやいや携帯を失くしまして、かなりの電話番号を失くしてしまいました。
このブログのことを知っている知り合いの方も多いので、気づかれたら携帯にメッセージを送ってもらってよろしいでしょうか?(明日の午後以降番号が復旧する予定ですので、明日の午後以降に送っていただけると助かります)

icloud登録していたんですが、ほとんどバックアップできてなくて唖然としております。

どうぞよろしくお願いいたします。
※この下のブログ記事自分的には力作なので、ぜひ読んでください!!!

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 仕事 | 1件のコメント

2013年ベトナム出張⑪~ハノイに戻り一人焼肉、これぞ至高&究極の焼肉だ!

昨日バタバタホーチミンからハノイにとんぼ返りして、仕事の用事はすべて完了!!!よくよく考えたらベトナム料理って葉っぱばかり食べるので、男の僕には物足りないと感じることが多いです。ホテルの周りを歩いていて発見したこれぞベトナム焼肉!!!

1.ベトナム焼肉とは。

詳しいことは知りません。日本語、英語も全く通じない超ローカルなエリアで発見した焼肉屋。地元のカップルや若者でにぎわうそんなお店でした。

毎日にぎわう大繁盛店。店員さんも20歳くらい。

焼肉に一緒に行くカップルはできてるというのは万国共通か。。。(ケッ、、、いちゃいちゃしてやがって・・・)

2.全く通じない英語

全く通じない。そして全くベトナム語がわからないダメ外国人(僕)。親切にも厨房にお招きを預かりまして、食材を直接見て注文できました。(なんだかわかっていないが・・・)

今日だけはビールで乾杯だ。。。(お疲れ様自分)
肉は牛、豚、そしてタコ(肉じゃない)でした。

七輪も来た。。。きゅうりとこっちは塩で食べます。

3.何を隠そう一人焼肉だ!!!

焼肉は誰かと食べに行くと言うのは万国共通か・・・。一人客、外国人も僕一人。それでもめげずに焼き方始め!!!

一人寂しく焼き始めます。焼きあがって食べてみると、うううううううううまーーーーい。今まで食べたどの焼肉よりうまい。叙々苑より、韓国焼肉より、Aなんとか和牛より(食べたことないけど・・・)うまーーーい。

このパンが実はなかなかうまい。(まさにフレンチと焼肉の合作)

4.パンも焼くのが地元スタイル

こうやってパンも焼きます。

裏も焼く。うまい!!!パンも焼肉もきゅうりもうまい。そしてビールも。。。今日は勉強のことは忘れる、いやなことは全部(MBA)忘れる。

一人で寂しい気持ちも、おいしい焼肉に出会った感動で完全に吹き飛んだ。本当においしい。二回目きたらここまでおいしいとは思わないのはわかっている、でもいままで食べたどの焼肉よりうまいよ!!!

完食。さてさてお値段は???
232,000VDN、日本円で1200円くらいです。
ビール飲んで、焼肉お腹一杯食べて1200円???最高!!!ベトナム大好き!!!永住したい!!!もうシンガポールでMBAなんて嫌だ。。。ここで俺は焼肉を食べて生きていくんだ。。。

ゴメンナサイ、うそです。ちょっと酔っ払ってしまっているようです。でも本当にベトナムいいところですね。。。次回いよいよベトナム出張編最終回。(シンガポール帰るのとMBA嫌だ・・・)

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 2013年4,5月ベトナム出張 | コメントをどうぞ

Financial Strategy~Spring Week1,2①

Gradeが出てからまとめて書くと結構忘れてしまっていることも多いので、今後は1回目はMidterm(中間試験)前後、2回目はGrade判明後に書くようにしていきます。

1.Corporate FinanceのAdvancedレベルな授業

Corporate Financeで基礎を学び、Financial Strategyで実践的なケースを学ぶ。内容はM&A、IPO、Bankruptcy、PEなど僕がかなり興味があったことなので、おもしろい授業です。事前のリーディングはかなりの量があるのですが、どれも内容がおもしろく、ためになる授業。

2.噛みタバコしながら授業するスウェーデン人教授

噛みタバコって日本人にはなじみがないですが、北欧、欧米では結構利用している人がいるようです。吸うタバコより害が少ないらしく、特にスウェーデンでは大人気のようです。この教授授業中に噛みタバコを交換しながら授業をするのですが、かなり不思議な光景を見ながら授業を受けている感じです。

3.実践的経験のある僕には役に立つ授業

M&Aや通常の投資業務、倒産寸前の会社への投資なども行っていますので、そういうことの理論が一通り学べて本当に興味深い。あとはGradeだけだな・・・。クラスでの発言も大きなポイントになるので、それも課題です。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 4th Quarter, Spring Week1,2 | コメントをどうぞ

2013年ベトナム出張⑩~韓国人の多さとこれからの日本人のあり方

今日は韓国人起業家夫婦にお会いしてきました。LGの関連会社で20年以上働いた後、2年前に独立されたそうです。会社派遣でアメリカのマスターも持っていて、非常にわかりやすい英語をしゃべられる方でした。

写真はあくまでイメージ。実はベトナム非常に韓国人の数が多く、10万人近くいるそうです。

1.ベトナムの韓国料理屋にたむろする韓国人

ベトナム料理は僕にはパワー不足で、ホテルの目の前の韓国料理には2,3度お世話になりました。僕はベトナムでは韓国人だと思われます。僕の顔が韓国人っぽいわけではなく、ここでは圧倒的に韓国人の数のほうが多いからです。※日本人は約1万人と韓国人の10分の1しかいません。

この韓国料理屋、僕以外の客は韓国人ばっかりで、ハングルが飛び交っています。

2.異国で協力しあう姿は、MBAでの韓国人クラスメイトの絆に近い

この韓国料理屋の韓国人たちを見ていると、MBAでの韓国人クラスメイトのことを思い出します。MBAウィーク期間中は必ずといっていいほど韓国人で集まり、テスト対策などかなり協力し合っているようです。成績のいい優秀な韓国人クラスメイトが、率先して情報提供をしているみたいですね。

韓国人クラスメイトの中には、欧米の大学を卒業している人も多く、さらに協力関係もしっかりしていて、ことMBAでの成績ということになると我々日本人は完全に韓国人クラスメイトに負けてしまっているように思います。(あくまで平均の話ですが)

3.これから日本人はどうすればいいのか?

MBAの中での日本人は完全に欧米化していて、よい意味で個々人が独立をしている。(アメリカ人のそれに良く似ていると思います)ただ、これまでの日本の歴史を振り返ると、日本は決して個々人の能力が高いから経済成長を遂げたわけでなく、組織力という意味合いが強かったはずです。

日本人は本当にこのままでいいのかな・・・

そんなことを納豆チゲを食べたながら思いをめぐらせたのでした・・・

個人的な意見としては、中国人、韓国人と比べて日本人は圧倒的に外国で好かれています。この利点を最大限生かしつつ、現地の人ともよい関係を築ける国民性を持っていると思っていますので、何も中国人、韓国人の真似をする必要はなく、我々なりに頑張っていけばいいんじゃないでしょうか。。。

どっちにしても、こんなにうまい納豆チゲはなかなか日本でも食べられないよ・・・と感動しつつ、飯の炊き方がなっていない(このお店のご飯やわらかすぎる。。。)という不満も抱えつつ、僕のパワーの源である韓国料理をここに作ってくれた韓国人に感謝ししたわけです。

カムハサムニダ。韓国人店員まで完全に僕のこと韓国人と思っている・・・。まあ知らぬが仏っていうほどのことでもありませんが、今宵は同胞になりすましつつ、ホテルに戻るのでした。。。、おっと食後のデザートを忘れるところだった・・・

韓国語表記はあるが、日本語はない。

アイスまでコリアン。今日は韓国ずくしだな。。。明日あたり日本料理でも行ってみようかな・・・

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 2013年4,5月ベトナム出張 | コメントをどうぞ

EMBA中は新規出張を少し控えよう・・・

ついつい勢いで仕事を増やしていったら、仕事と勉強でヤバイ状況です。
MBAがなければ余裕なのですが、たらればで話をしても仕方がないので、少しセーブをしなければ身体が持ちそうにありません。

1.思ったより負荷が高い次回試験対策&授業準備

すでに残すところ1週間となっていますが、非常にやばい。
準備もかなりしなければいけないし、Midtermも思ったより難易度が高い。
残り1週間全く仕事しないでなんとかなる感じだが、そういうわけにもいきません。(実話はこれ

2.状況は好転するだろう

韓国2回と今回のベトナム、そして台湾をシンガポールのスタッフ(中国語ネイティブ)が開拓することで、英語学校の日本人以外の集客状況は好転するはず。あとはいかに人を動かすかにかかっており、僕がバタバタ動いている場合じゃない気がする。ていうか、現時点で決まっているスケジュール以外は無理。。。

3.今年行く国はもう増やさないようにしよう

フィリピン、ベトナム、韓国くらいが限界ですね。
長旅で完全にバテ気味です。
でもなんとかするしかないので、頑張ります!!!

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: EMBA(2012~2014) | コメントをどうぞ