セブ島の滞在を4日間延長

世の中厳しいですね。
どんなに仕事が厳しくても、それがMBA中だろうと、僕のポジションでは決して愚痴をこぼすこともできない。会社のトップというのは、なってみないとその気持ちは誰にもわからないものです。

1.セブ島滞在を4日間延期

まさかこんなにてこずるとは思っていませんでした。実際今日土曜日も朝~昼過ぎまで予定入っているし、ただ水曜日にはベトナムで用事があるので、必ず終わらせなければいけません。

2.そもそもの始まりは昨年5,6月

英語学校の買収が決まり、MBA開始の準備で焦っていた僕は自分というリソースで英語学校の買収を成功させることを諦め、新規採用でまかなうことを決めました。今思えば、すべての問題はここから始まっていたようにも思います。

3.解決方法は

とにかく先延ばしにしないこと。問題がわかっているのであれば24時間ぶっとしでも早急に解決する方法を探すことです。日本だろうが、海外だろうが問題の解決方法は一緒。明日、3日と先延ばしにするとずるずる2週間、1ヶ月と遅れていきます。

いずれにしても、最近ホテル、チケットともにキャンセルが出来るものを予約するようにしていますので、金銭的影響は少ないです。とにかく火曜日までになんとかせねば。。。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

クラスメイトと事業を立ち上げるということ

いやいや申し訳ない話ではあるのですが、正直全く興味なかったんですね・・・。
彼はシカゴのキャンパスから仲の良い友人で、最近はMBAでの机も常に隣、そして今回何の縁かグループも同じだったんです。

1.クラスメイトと事業をやること

自分の中では全く必要ないものだと思っていました。お互いが組んで事業を立ち上げるなんて、出来すぎた話で、ましてや自分がそういうことをやるとは夢にも思っていませんでした。

2.実際の最初の僕の反応

ふ~ん。。。最初に彼がやっている事業を聞いたときの僕の反応。当初から日本に製品を広めたいと言っていたような。。。いやいやMBA中は忙しいし、ましてやいろんな仕事があって、まず興味ないし、半信半疑。

3.きっかけはあるWEBサイトを僕が見つけたこと

ふと目にしたWEBサイトが、彼が作っている商品と極めて似ていることに気がついたんです。早速彼にメールをすると、日本のマーケットはおもしろいし、ポテンシャルがあるし、俄然やる気をみせてくるではないですか。

4.実はWIN-WIN

彼が母国で製造している商品を、日本で主にインターネットで販売するという事業。特にマーケットのポテンシャルが非常に魅力があることがわかっています。①商品力②日本でのマーケティング力、①×②で完全にWIN-WINの関係ができている状況。

なんといっても、①で製造をしているので(海外で)利益率が高い点。②のネットのマーケティングで非常にノウハウがあり、現在やっているポータルサイトとの相乗効果もある点が魅力です。

なぜか結果的に非常に魅力的な事業に突然思えてきました。
今回の授業の帰り際、その商品ももらい、僕が日本に帰っている間に日本で購入した競争相手の商品を僕がシンガポールに持参し、今後の計画を進めていく予定です。

僕の中で今回彼と一緒のグループだったことが、これを進めていこうと本当に思った一番の要因です。彼は信用できるし、真面目だし、なんといっても非常にできる奴です。一緒にグループで苦しみを分かち合ったメンバーの一人でもあるので、すんなりとこの事業をやろうという気持ちに傾きました。

何の縁か今こういう状況になっています。本当に不思議だ・・・。こういうことってあるんだな・・・。いずれにしてもうまくいくように最善を尽くしていきたいです。MBAのネットワーキング、こんなに身近なところで成立してしまうんですね・・・。(EMBAならではかもしれません)

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: EMBA中に新規事業立ち上げ | コメントをどうぞ

P.S.・・・ようやく散髪に行けました。

今日午後3時出社なんですよね。。。ということで早速待望の散髪に行ってきました。
男は見た目じゃなくて、中身だよね?ということで、セブ島で日本人とか韓国人が経営する美容院に行くことなく、地元のお店に行きました。

1.アヤラモールの3階にある美容院(床屋かな)

一見おしゃれな美容院。

一見きれいなお店

普通にきれいなお店です。
実はここ2回目なんです。前回は短くしすぎて大失敗をしたので、今回は安全に1,2センチ切ることにしました。

いやいや。
全くのフィリピンクオリティー。
すっかり中国人ぽくなってしまい、これからはChen fhidecyanと名乗ります。

2.旅の疲れはマッサージで

1時間しかなく、Body Massage1時間を選択。
まあまあかな。Massageはお気に入りのマッサージ師さんに当たったら、指名をするに限ります。

3.最後の締めは

Deji Gu Buk!
また来てしまった(実は2日前にも来た)。
セブのほうがベトナムよりクオリティーが高い!

そういうことで少しゆっくり出来た3時出社の日でした。(終わり)

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

ブログ運営で最近思うところ

最近フィリピンに関するブログを読んでいたら、露骨にフィリピン人を批判する、むしろ全否定するような内容が書いてありました。そんなに嫌ならそもそもとっとと日本に帰ればいいのに、そういう残念な気持ちで一杯になりました。

1.差別的な発言について

人種、学歴、職歴など、そんなとるに足らないことで差別するような考え方はとうてい理解できません。僕自身が日本人であることや、MBAに行っていることで、例えばアジアの人を下に見たり、大学に行っていない人、そんなに有名でないMBAに行っている人を下にみたりとかは、心から思っていません。(むしろ昔社内NO.2は中卒でしたし・・・、僕より優秀だったかも汗)

2.自分自身に自信を持つべき

本当に自分に自信を持っていれば、わざわざ他の人を下に見るような発言をする必要はないはずです。僕はそういう発言をする人は、自分に自信がないので、他の人を下に見ることで満足するような非常に残念な人だと思っています。

3.MBAは危険な場所

高学歴、高収入な人たちが集まりやすい場所。おのずと話題もそういう方向に行きがちになってしまいます。MBA取得後高収入でお金持ちになれば、それで本当に幸せなのでしょうか?自分のやりたい仕事とか本当にできているのかな???※出来ていないから、俺は○○○のMBAだと自慢してしまうのではないでしょうか・・・。

4.世の中は広い

MBAなんて持っていなくても、大学も出ていなくても、ましてやすごい所得水準の低い国の人でも、中にはすごい人が必ずいるはずです。僕の正直な気持ちは、お金持ち大国日本の人たちを採用するのではなく、絶対に日本にはいないような内に秘めた野心を持っている、そうした人達を採用し、登用できるようになりたいと思っています。

そういう点では海外に出て正解だったと思います。このブログは僕のポリシーとして、あまり批判的なことは書かないようにしているのですが、今回は批判してしまいました。※MBA批判ではありませんので、誤解のないようにお願いします。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

MBAでの貢献って何だろう。

先日クラスでの発言についてブログを書きましたが、人によっては授業中の発言がMBAでの貢献のすべてだ的ことを言う人もいますが、実際に全くそんなことはありません。MBAでの発言は、成績にすべて反映されるのである意味フェア(発言しなければ成績面でマイナス)ですが、一方かなりアンフェアに感じているものもありますので、今日はそのことについて。

1.発言について

MBAでの発言については、確かに発言をしたほうがいいのはわかっているのですが、僕のように英語力の問題だけでなく、そもそも性格的に発言をしない(したくない)というクラスメイトも結構います。僕は個人的に今後発言する努力をしたいと思っていますが、したくないと思っている人も多く入るわけで、発言がすべてという考え方をしてしまうと、その人たちを全否定してしまうことになります。※HBSとはここは違う点かもしれません。

2.グループワーク

シカゴ大学のEMBAでは、このグループワークがむしろクラスでの発言より配点が大きいことが多いです。このグループワークでは、参加をそもそもしないクラスメイトや、最初から貢献を諦めているクラスメイトが散見され、その人たちにも同様に点数が行ってしまうアンフェアな一面もあり、最近ちょっとこのルールはどうなのかな、と思うことが多いです。

僕はMBAが始まって最初のグループでなかなか貢献できなかたことを非常に後悔したので、次のグループでは本当に頑張って準備をして、最大に貢献できたと思っています。

3.その他アクティブティーなど

クラス外、グループ外でもクラスに貢献できるものを提供できます。実際に当日の参加者は4名しかいませんでしたが、昨年はマラソンを企画しましたし、僕がシンガポールで起業をしていることを聞いたクラスメイトがビザのことを知りたいと相談に来たときなどは、もちろん無償で情報を提供するようにしています。

これからについては、より本格的なことを考えていて、クラスメイトとビジネスをやることになりそうです。正直MBA中は忙しいので、MBA後にしたいなと思っていたのですが、彼からするとそもそも仕事をするためにMBAに来ているわけで、なるべく早くやりたいようです。

考えれば考えるほど、この事業かなり有望なんですよね。GNVCというビジネスコンペを諦めたのも、こうした実現性の高い事業を立ち上げていくことのできる人たちは、コンペなどに参加せずにとっとと事業を立ち上げるべきだと思っています。

人によってMBAの目的は違うわけです。その中で僕は自分の考えを押し付ける気が全くありません。でも僕はMBAでの発言をしないで、諦めることは絶対にしたくありません。僕は発言しないクラスメイトも最大限に尊重しつつ、自分も発言したいです。(頑張ります)

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: EMBA(2012~2014) | コメントをどうぞ

忙しいね、うん散髪する時間がありません。。。

先週のMBAウィーク終了後の日程がこんな感じです。

5月25日 17時くらいに授業終了
〃     オフィスに戻り17時半くらいからシンガポールのスタッフと打ち合わせ
※1ヵ月半ほどシンガポールを不在にするため、終了したのが11時半。散髪行けず。

5月26日 午前10時出社、散髪に行きたいが飛行機が13時半発のため、行けず。
5月26日 午後7時 セブのホテルに到着。散髪に行きたいが8時から打ち合わせ。
5月26日 打ち合わせが10時に終了したので、当然行けず。。。

5月27日 朝9時から英語学校のスタッフの面接。合計14人終了。
※午後7時くらいに終わり、急いでモールの散髪屋に行くも11人待ちがあり、かつ8時から打ち合わせが入っているため、またも散髪行けず。。。

勉強は飛行機の中で2時間ほどできましたが、明日以降も日中に仕事の予定はバッチリ入っており、勉強はこの1週間は厳しいですね。散髪すら行けない・・・

要は忙しいと散髪に行く時間がないとうことです。
散髪すらできていない、ということで全く勉強も出来ていない。

う~ん、困った、困った・・・・。まずい、まずい。。。
でも明日は夜打ち合わせが入っていないので、散髪いけそうです。(ほっ)

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

セブ島で英語学校をやるという意義について

1年前より経営参加している英語学校のビジネスですが、ビジネスという枠を越え非常に社会的に意義のある事業だと考えています。今日はそのことについて

1.日本人の英語教育を支える産業になる

もともとセブ島留学は、韓国人による韓国人のための留学でした。よくも悪くも、われわれ日本人は英語が話すのが得意ではありません。そういう点で、この韓国式によるセブ島留学は、非常に日本人に合っていると思います。今日本の国際化が課題になっていますが、今後この事業を伸ばしていくことで、日本経済のけん引役になれるのではないかとも考えています。

2.フィリピンの雇用を創出

フィリピンでは大学を卒業してもなかなか職につけない人が本当に多数います。その大部分が女性であり、フィリピン経済をこれまで支えてきたのが、看護師の仕事でした。この5年~10年くらいで英語学校の教師の仕事は看護師の並ぶ、フィリピン人の人たちの仕事になっており、フィリピンの雇用を支える役割を担っていると言えます。

フィリピンでの安い人件費を利用した搾取でないか、という指摘をされる人もいますが、今後この事業で上がった利益はすべてフィリピンに再投資することで、この問題をクリアしていくだけでなく、優秀な人材はシンガポール、日本に積極的に登用していくつもりです。

まだ僕が深く関わるようになって間もないですが、今後ますます意義のある事業にしていく予定です。そういうことで宣伝になってしまいましたが、明後日からセブ島です。引き続きよろしくお願いします。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 3D(セブ英語学校) | コメントをどうぞ

セブ島留学のデメリット

今日はセブ島留学のデメリットです。
いいところもあれば、悪いところもたくさんある、それがセブ島留学ですね。

1.治安

マニラに比べればいいですが、無茶苦茶安全な国というわけではありません。特に現地の人と交流を持つ際はかなり気をつけなければいけません。夜の一人歩き(男性でも)などは、しないようにしなくてはいけません。とにかく、ここが海外だという警戒心を持って行動する必要があるのは間違いありません。※守るルールを守れば安全な国です。

2.英語

フィリピンは英語ネイティブの国ではありません。アジアの英語という意味ではありかもしれませんが、日常生活で学べる英語は限定的です。中には先生レベルに英語のうまい人もいますが、ビジネス上で活躍している人以外の英語は、それほど洗練されたものではありません。※初心者にはよい場所かもしれません。

3.気候

暑く体調を崩しやすいです。学校と寮はクーラー完備ですが、外は真夏。雨季は雨も多く、虫も多い。ベトナムのローカルフードと比較すると、フィリピンのローカルフードの衛生は疑問が残るところです。※夏が大好きな方には最高ですね。

4.物価が安いマイナス面

物価が安いので、勘違いをしてはいけません。そもそものお金の価値が違うので、外国人は一部の現地人の人にとって格好のターゲットになってしまいます。若い人で夜のお店にはまってしまい、またフィリピンに戻ってくるという男性が多くいるようです。※自分を制御できれば、物価が安いにこしたことはありません。

全体的にはこんなところです。一応学校をアピールする立場なので、フォローは入れておきました。僕自身かれこれ5,6回以上は行っています。現時点で危険な目にはあったことがありません。とはいっても、警戒をする気持ちを忘れてはいけない国だと思っています。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 3D(セブ英語学校) | コメントをどうぞ

セブ島留学のメリット②セブ島という立地

今日はセブ島留学のメリット第二段。セブ島っていえばビーチリゾートですよ。ビーチが好きな人大集合っていうのは当たり前の話なのですが、僕自身セブ島でほとんど遊んだことがないので(涙)、あんまり詳しくないです・・・。

1.マニラと比較をすると安全

マニラより断然安全です。
タクシーでぼたっくられる率も低いです。
他の海外と比べると気をつけなければいけない点はあるので、それはデメリットで詳しく説明したいと思います。

2.アクティブティーが充実

ビーチリゾートもそうかもしれませんが、アウトリッチプログラムというボランティアのアクティビティーもあり、よい経験になると思います。フィリピンというあまりお金持ちでない国だからこそ、本当の意味でのボランティア活動ができる環境があり、日本では絶対に経験できないことが経験できるはずです。

3.韓国人、台湾人と一緒に学べる

現時点では日本人が多い状況ですが、いずれ韓国人、台湾人の生徒さんがそれなりに増え、留学の醍醐味ともいえる、異文化体験ができます。僕自身セブ留学時代に知り合った人とは、日本人、韓国人問わずいまでもたまに会っています。韓国に行くたびに韓国人の元クラスメイトと必ず会います。こうした交流を留学後も続けている人が多いのも、セブ島留学ならではかもしれません。

ということで2回にわかりメリットについて書きました。
次回はデメリット・・・。(本音書きます)

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 3D(セブ英語学校) | コメントをどうぞ

セブ島留学のメリット①コストパフォーマンス

本日から6月1日のセブ島最終日まで、セブ島で英語を学ぶメリット(デメリット)を詳しく書きたいと思います。僕もMBA受験前にセブ島で2週間勉強し、シカゴ大学EMBAに合格したので、自らの経験談も踏まえ詳しく説明します。もう3年も前の記事。。。読んでいて恥ずかしいです。(英語の勉強始めた頃ですね・・・)

http://portrait-navi.jp/blog/cat211/cat221/

1.学費+宿泊費(3食)、4週間で12万円~

あくまで3人部屋の例ではありますが、10万円ちょっとで約1ヶ月勉強できます。宿泊費、食費(3食)が込みなので、普通に生活をすればおこずかい2,3万円で十分よい暮らしができます。

2.基本はマンツーマン、ネイティブレッスンもあり

基本7クラスのうち、4クラスはマンツーマンレッスンです。このマンツーマンレッスンがセブ島英語学校の最大の特徴であり、日本人、韓国人が苦手なスピーキングを伸ばすのに最適な環境です。僕自身このセブ島の留学を経て、翌年4月のシカゴ大学のインタビューをなんとかクリアできたのは、セブ島でのマンツーマンレッスンのおかげだと思っています。

3.質の高いフィリピン人講師陣

ほとんどが大学卒のフィリピン人講師が中心です。(女性あ8,9割)中にはネイティブ並みのきれな英語を話す先生や、大学院卒の才媛も多いです。厳しいトレーニング期間を経て、先生として採用されていますので、質は折り紙つきだと思います。

総合的に僕自身シンガポールに来る前にセブ島で2週間勉強したのですが、シンガポール、欧米諸国に留学予定で、特にスピーキング力に磨きをかけたい方、とにかく話せるようになりたい方にはピッタリかつ、なんといってもコストが安い。

ということで、コストパフォーマンスならセブ島はおススメです。
次回のメリット②はセブ島という立地についてです。

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

カテゴリー: 3D(セブ英語学校) | コメントをどうぞ