行けるぞ株式公開(3~5年後)

3月下旬に新たな学校への投資を決定して、そんなに時間がたってない状況で、最初の学校の経営があまりにも順調なので、早々に拡大のための追加投資先を探していました。実際に新しい学校の立て直しにそれどころでないくらい忙しいのですが、これは性分なのかもしれませんが、ついつい行動してしまうのです。

1.すべてはこの看板から始まる

これは実際に連絡した番号ではありませんが、フィリピンでは大家さんがこうして電話番号を表示することで、契約の交渉が開始します。今回学校からほど近い場所に大きな物件が建築中であることを発見し、まだ番号が表示されていなかったために、建設現場に乗り込んで、大家さんの電話番号をゲットしました。

2.何度かコンタクトを取ると

突然知らない番号から電話がかかってきました。どうせコンドミニアムの押し売りだろうと思って、適当に切ろうと思ったのですが、学校やってるなら貸すことを検討するよ、というじゃないですか・・・。(これが4日前)

3.大家さんと交渉(3日前)

声の元気な感じと違って、なんと70代の初老のご夫婦でビックリ。いろいろ話をすると、フロアプランを持ってきてくれるので、提案をしてくれといいます。初老のご夫婦で、足が少し悪い方だったので、階段を上がっていただいたのにすごく恐縮してしまいました。後でわかったのですが、地元の名士で、中国系フィリピン人の方でした。(新CEOと一緒に面談)

4.現場で交渉(2日前)

建設現場に新CEOと向かいました。よくよく考えたら今回フィリピン人スタッフは全く交渉にかかわりませんでした、僕も新CEOも英語はできるほうなので、今後も重要な交渉は、中途半端にフィリピン人スタッフを連れて行くと、セブ語でわからないことろが発生するので、このほうがいいのかな、とも思います。

5.提案(昨日)

いろいろ悩んで提案書をお届け。時間ねえなあ・・・って感じです。その日のうちにご婦人から電話がかかってきて希望金額の提示。即OKの返事(早っ・・・)。ということで、今回はJY MALLのほうのエスカレーターがあるほうのオフィスで打ち合わせ。細かい条件の打ち合わせですね・・・。詳細も含めほぼ合意。

6.予約料をお支払(本日)

予想してたんですが、いつReservation Feeを払ってくれるの?って朝からメールが来ます。いやこれもう今日だろうって、午前中にお支払。そして、午後に再度現場で打ち合わせです。

これが建設中の物件、実は隣も極秘に借りちゃいました・・・

中はこんな感じ。いろいろうまい具合に、よいタイミングで交渉が進みます。
いやいろいろラッキーでしたね。

3Fから学校を見ると。。。うーん、3Fでこれなら4Fもそうだし、屋上から見た景色が絶景だろうな・・・。やたらテンションあがります。

新しい学校を現在のこの学校まで持っていくのに、1,2年は最低かかります。ただ、この学校の勢いのおかげで、3~5年で売上10億、経常利益2-3億は見えたな(グループ全体で)。グループの会社のどこまでを連結にするかはまだ決めていませんが、インターネット事業とフィリピン留学事業だけでも十分に公開できる水準かと思います。

自分で行動して見つけた物件とはいえ、なんとも不思議な気分。会社の買収が決まったときと同じ感じがします。規模的には学校の買収より大きな拡大となるし、収益計画が立てやすいので、非常にうれしい限りです。

でもCEOはもう違う人に任せてるし、手柄を譲って、明日から地道に建て直さないと。。。でも今回一番思ったのが、こういう決定って3日で決まるなと。3日で決めれない人には無理なのかもしれません。わずか2か月ちょっとのうちにこうした案件を立て続けに決めることができて、身が引き締まる思いがします。

がんばんないと・・・。

カテゴリー: 仕事   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>