英語学校の事業が会社としての部門記録を更新

フィリピン留学が来てるのか、当校が調子がいいのか、僕がついているのかはわかりませんが、セブ島の英語学校が売上、利益ともに過去最高の結果を先月出したようです。

1.高い収益性

営業利益率が50%近くあります。そもそも学校ビジネスはブレイクイーブンを超えると、それ以降の経費(変動費)が少ないので、利益率は非常に高いです。当校が代理店事業でも収益を上げていることも一因になります。単純にブレイクイーブンが50名程度の収容人数に対して、110名以上となった状況で理解できるかとは思います。

2.高収益なインターネット事業を超える

売上、利益ともにインターネット事業の過去最高をも上回る実績です。3月は確かに繁忙期ではありますが、この来る8月はとんでもないことになりそうです。フィリピン留学という事業が伸びているという要因以外に、明らかに他の学校との競争に勝っている、すべての面でうまくいっているといえます。

3.経営ですべてが決まる

最近他の学校のオーナーととある事情から接する機会があり、自分の経営者として非常にシビアで優れている面を発見しました。特にコスト感覚の面ではかなりシビアなだけでなく、個人的なものを会社のお金で買っていないということが、オーナー経営の会社ではかなり優位に働いているようです。ここセブ島で、車も持っていませんし、自分の家もすべて自腹だし、メイドさんなんて雇っているはずがなく、従業員も自分の私用で使うことは絶対にしません。こんな簡単なことが、自分がオーナーになってしまうと、90%以上の人が一瞬で忘れてしまって、結局無駄使いをしてしまっているのです。

いまだにランドリーに自分で洗濯物を持っていくのが、結構好きなんですね。車とかセブ島で5,6百万円もするもの買うくらいなら、その分投資に回します。

そして、いよいよ新たな投資に乗り出します。そこそこ大きな金額なんですが、実は先月の利益で実質半分くらい賄えてしまっていることが判明。今後の展望もかなり明るく、3,5年先を見据え、計画を慎重に練っていきたいと思います。

ポストMBAの新たな目標を今後考えていきたいと思います。

カテゴリー: 仕事   パーマリンク

英語学校の事業が会社としての部門記録を更新 への2件のコメント

  1. Kaori I より:

    おめでとうございます!!
    私もこのブログを見て、セブの学校へ短期勉強に行きました。
    IT企業運営ということでネットも使えて仕事しながら留学ができてとてもよかったです。
    勉強に来ているメンバーも面白い人がたくさん集まっていて、
    帰国した後もやりとりしています。

    なので、こうやってどんどん大きくなって色んなメンバーが集まっているのを見ると、
    自分のことのように嬉しいですね。

    私が行った時は時期的に日本人が多かったですが、
    色んな国の人が混ざった学校というのは理想なので、
    またぜひ行きたいと思います。

    • fhidecyan より:

      ありがとうございます! 今後は特にサービスの品質面の強化も含め取り組んで行く予定ですので、引き続きよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>