MBAブログ終了

本日Marketing ManagementのFinalを提出しました。
6月23日の期限なのですが、本日6月13日ということで、10日程早めに提出しましたが、僕以外はもう1科目のFinal試験も受けなければいけないので、妥当なところかと思います。

(ブログ終了)

8月28日の卒業を待たずに終了したいと思います。僕にとっては今日が実質卒業なので、ブログも同じく卒業します。基本的に授業にちゃんと出て、グループにも貢献すれば、Finalで落ちることはまずありません。

5年前の2010年の5月にブログを開始。
2011年4月に合格するも1年Defer
2012年6月より開始
2013年6月に再度Defer
2014年6月より再開
2015年5月 全日程を終了

なんとほぼ4年ごしのMBAとなりました。
2012年に買収したセブ島の英語学校は2013年7月の時点でかなり危機的な状況でしたが、MBAをDeferしてまで再建に取り組んだ結果、現在高収益な企業へと変貌しました。そして2015年3月にもう1校の買収にも成功しています。(2015年5月に黒字化)

今後はセブ島での英語学校の事業とインターネット事業を中心に、日本での株式公開を3~5年で目指していきたいと思います。自分の中では2018年中の株式公開を目指していますが、市況もあるかとは思うので、タイミングを計っていく予定です。

MBA期間中に次の5年の目標を見つけることができて、非常に幸運だったと思っています。MBAで学んだことがどこまで生きるかは分かりませんが、シカゴ大学のMBA卒業生(2015年8月28日以降)として恥ずかしくない結果を仕事で達成していきたいと思います。

思った以上にいろんな方に見られていたこのブログですが、本日これで終了です。ご哀願のほどありがとうございました。引き続き、リアルな場でよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

行けるぞ株式公開(3~5年後)

3月下旬に新たな学校への投資を決定して、そんなに時間がたってない状況で、最初の学校の経営があまりにも順調なので、早々に拡大のための追加投資先を探していました。実際に新しい学校の立て直しにそれどころでないくらい忙しいのですが、これは性分なのかもしれませんが、ついつい行動してしまうのです。

1.すべてはこの看板から始まる

これは実際に連絡した番号ではありませんが、フィリピンでは大家さんがこうして電話番号を表示することで、契約の交渉が開始します。今回学校からほど近い場所に大きな物件が建築中であることを発見し、まだ番号が表示されていなかったために、建設現場に乗り込んで、大家さんの電話番号をゲットしました。

2.何度かコンタクトを取ると

突然知らない番号から電話がかかってきました。どうせコンドミニアムの押し売りだろうと思って、適当に切ろうと思ったのですが、学校やってるなら貸すことを検討するよ、というじゃないですか・・・。(これが4日前)

3.大家さんと交渉(3日前)

声の元気な感じと違って、なんと70代の初老のご夫婦でビックリ。いろいろ話をすると、フロアプランを持ってきてくれるので、提案をしてくれといいます。初老のご夫婦で、足が少し悪い方だったので、階段を上がっていただいたのにすごく恐縮してしまいました。後でわかったのですが、地元の名士で、中国系フィリピン人の方でした。(新CEOと一緒に面談)

4.現場で交渉(2日前)

建設現場に新CEOと向かいました。よくよく考えたら今回フィリピン人スタッフは全く交渉にかかわりませんでした、僕も新CEOも英語はできるほうなので、今後も重要な交渉は、中途半端にフィリピン人スタッフを連れて行くと、セブ語でわからないことろが発生するので、このほうがいいのかな、とも思います。

5.提案(昨日)

いろいろ悩んで提案書をお届け。時間ねえなあ・・・って感じです。その日のうちにご婦人から電話がかかってきて希望金額の提示。即OKの返事(早っ・・・)。ということで、今回はJY MALLのほうのエスカレーターがあるほうのオフィスで打ち合わせ。細かい条件の打ち合わせですね・・・。詳細も含めほぼ合意。

6.予約料をお支払(本日)

予想してたんですが、いつReservation Feeを払ってくれるの?って朝からメールが来ます。いやこれもう今日だろうって、午前中にお支払。そして、午後に再度現場で打ち合わせです。

これが建設中の物件、実は隣も極秘に借りちゃいました・・・

中はこんな感じ。いろいろうまい具合に、よいタイミングで交渉が進みます。
いやいろいろラッキーでしたね。

3Fから学校を見ると。。。うーん、3Fでこれなら4Fもそうだし、屋上から見た景色が絶景だろうな・・・。やたらテンションあがります。

新しい学校を現在のこの学校まで持っていくのに、1,2年は最低かかります。ただ、この学校の勢いのおかげで、3~5年で売上10億、経常利益2-3億は見えたな(グループ全体で)。グループの会社のどこまでを連結にするかはまだ決めていませんが、インターネット事業とフィリピン留学事業だけでも十分に公開できる水準かと思います。

自分で行動して見つけた物件とはいえ、なんとも不思議な気分。会社の買収が決まったときと同じ感じがします。規模的には学校の買収より大きな拡大となるし、収益計画が立てやすいので、非常にうれしい限りです。

でもCEOはもう違う人に任せてるし、手柄を譲って、明日から地道に建て直さないと。。。でも今回一番思ったのが、こういう決定って3日で決まるなと。3日で決めれない人には無理なのかもしれません。わずか2か月ちょっとのうちにこうした案件を立て続けに決めることができて、身が引き締まる思いがします。

がんばんないと・・・。

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

最後のMBA授業前におい忙しいぞ・・・

2校目の買収が決まり、出社後最初の1週間が終わります。そして、上から4人全員退社することになって、月間7-800千円ものコストカットに成功するものの、実質3人分の仕事を同時にこなさないといけない状況に陥っています。

1.予約のシステムを見直し

学校の生徒さんの予約の部屋割りのシステムを大幅に見直し、MBAが始まる週から新システムで稼働をする予定です。後から気づいたのですが、このスケジュールでいかないと、香港からシステムにアクセスできないので、1週間くらい業務が滞るところでした。

2.かなり忙しいし、MBA中も結構やばい

3人分の仕事をこなすだけならいいのですが、来週くらいからMBAの準備、実際の香港でのMBA中は相当に苦戦しそうな気配です。まだ香港にいっている間にどうするかとかも決めていないし、そもそもMBA中心に考えていないので、かなり忙しくなりそうです。

なんといっても最後の授業なので、いまさら延期するわけにもいかないし、おい忙しいぞって感じです。やばいし、なんとかするしかないです。でも、インターネットで外部からアクセスできるシステムなので、本当によかったです。

インターネットなかったらどうしようもなかったですね。
ネット社会すばらしい。
それでも忙しい、あともうちょっと。

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

MBA後の目標

MBAの最後の授業を来月に控え、MBA後は仕事を徹底的に頑張ろうと思います。今日はMBA後の目標について

1.まずは日本国内上場が近道か

特にMBAで学んだことが生きているわけでは全くありませんが、ある特定の事業で年間数億円の利益を上げて、東証マザーズとかに株式公開すること自体、極めて実現可能な目標と考えています。たとえば日本国内での株式公開は3から5年後くらいが目安になってくると思います。

2.この後はなかなか厳しい

株式公開まではなんとかなっても、そのあと成長し続ける企業を作ることが一番の課題になってくると思います。年間数億くらいであれば、イメージはわくのですが、10億、100億の利益水準となると、現時点ではなかなかイメージしずらいのが事実です。

ただ日本国内の株式公開をステップに、まずは経常利益10億くらいの水準を目指すことのできる事業に関わっているという自負はあります。また事業の公共性も非常に高く、よい人材も集まりやすいので、非常に楽しみです。

市場自体はMBAのクラスメイトに、3,5年で日本国内でのIPOを考えているという話をすると、皆が皆香港だよ、と勧められます、。将来的にはぜひ考えたいのですが、海外売上の割合がまだまだの水準なので、現実的に日本なのかなと冷静に見ています。

体制としては海外での監査も十分に対応できる状況ではありますが、2020年の東京オリンピックなどを踏まえると日本がいいように考えています。3,5年でどうなるかはわかりませんが、目標も定まっているので、早くMBAを終わらせ仕事に注力したいです。

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

卒業について返答があり2015年8月28日になりそう

昨日の卒業の件ですが、すぐに返答があって通常はすべてのGradeが出そろってからになるようで、2015 Summer、ウェブサイトでチェックしたら、2015年8月28日になりそうです。
シカゴ大学の卒業式案内

8月3日から長女がサマースクール開始のためイギリスに同行し、8月30日も同様にイギリスに合流してボーディングスクールへの入学に同行する予定のため、卒業式に参加することは可能です。(どうしようかな・・・)

先のことなのでなんとも言えませんが、まずはきちんと卒業することですね。
あと1週間頑張ります。

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

6月13日卒業で交渉(お願い)をしてみた・・・返答待ち

シカゴ大学MBAの卒業式のスケジュールを確認してみたら、次回は6月13日のようです。その時点ではマーケティングストラテジーの成績はまだ出ていない状況ではありますが、シカゴ大学独自のルールーに合わせると、卒業できそうなので、交渉(お願い)をしてみました。

1.卒業ルール

卒業時点で残りの成績が出ていなくても、残りが仮にすべてF(落第)でもGPAが一定を超えていれば卒業できるというルールがあります。たとえば、僕の前回のクラスメイトは3月20日前後に卒業だったのですが、まだ成績はすべて出ていませんでした。しかも、かなり早くに新聞とかでも大きく卒業するメンバーの名前とか出ていました。

2.卒業式は出ません

6月13日とか絶対に無理ですね。仮に8~10月に卒業がずれたら参加するかもしれません。、特に8,9月は長女がボーディングスクールに行く関係でUKにいますので、シカゴには行きやすいです。でも、卒業の記念とかより早く卒業したい・・・。

ということで、アドミに交渉(お願い)をしてみました。6月13日に卒業出来ればいいなあ・・・。

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

最後の授業1週目終了・・・第二の英語学校買収報告

香港での最後の授業(マーケティングストラテジー)の1週目が終わりました。とりあえず仕事がとんでもなく忙しくなってきているので、MBAは早く終わってほしいです・・・汗。

1.USP ESLの買収が確定

欲しいと思っていた英語学校が、思ったより簡単に買収することができ、ビックリしています。よくどうやってビジネスを始めたのですか、とかどうしたら学校を買収できるのですか、とか聞かれるのですが、要は行動力だと思います。

2.買収の経緯と決定までのプロセス

ある時、いろいろ考えた挙句、USP ESLがすでに運営している英語学校にとって、最もシナジーを出しやすい学校だと思いつきました。その日のうちに学校のオフィスに挨拶に行き、オーナーからも面談したいというお話を頂き、2日後くらいに面談。

最初の面談で一つ年下の韓国人女性オーナーにかなり気に入られました。今もよい関係を続けていますが、ビジネスでの相性とか考え方の相性がマッチしたのかもしれません。

3日後くらいに、突然個人的に会えないか、というお話を頂き、次回のセブ渡航に合わせて、面談をさせて頂いたのですが、この時から売却の相談ではないかと思っていました。

3.交渉がスムーズに行ったポイント

最初の面談で、「この学校を買う気があるの?、売らないけど?」と聞かれた際、「値段次第では買い意向がある」とはっきり意思を伝えたのがまずよかったと思います。

買収金額の交渉では、最初に提示があった金額がかなり高い金額だったのですが、僕が誠意をもってこの値段であれば買ってもいいと算出した金額を、最終的に一歩も譲らなかったのが結果的に相手に信頼をされたと思います。

なんにせよ、一番欲しかった学校が手に入り、今後のビジネス展開にワクワクしています。将来的には大学のオーナーの一員になることを目標にしていますが、外国人ではなかなかなれないのかもしれません。

MBAの終わりが近づき、よいタイミングで次の目標が決まりそうです。2年前にDeferしたときはほぼひん死の状態だった英語学校が、先月とんでもない高利益をたたき出し、いよいよ2校目の経営再建に乗り出します。手探りだった2年前とは違い、自信を持って取り組むことができるはずです。

Defer後の1年はなかなか結果が出ず苦戦しましたが、MBA再開後のこの1年は本当に充実したものになりました。今後もこの好調が続くことを期待します。

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

英語学校の事業が会社としての部門記録を更新

フィリピン留学が来てるのか、当校が調子がいいのか、僕がついているのかはわかりませんが、セブ島の英語学校が売上、利益ともに過去最高の結果を先月出したようです。

1.高い収益性

営業利益率が50%近くあります。そもそも学校ビジネスはブレイクイーブンを超えると、それ以降の経費(変動費)が少ないので、利益率は非常に高いです。当校が代理店事業でも収益を上げていることも一因になります。単純にブレイクイーブンが50名程度の収容人数に対して、110名以上となった状況で理解できるかとは思います。

2.高収益なインターネット事業を超える

売上、利益ともにインターネット事業の過去最高をも上回る実績です。3月は確かに繁忙期ではありますが、この来る8月はとんでもないことになりそうです。フィリピン留学という事業が伸びているという要因以外に、明らかに他の学校との競争に勝っている、すべての面でうまくいっているといえます。

3.経営ですべてが決まる

最近他の学校のオーナーととある事情から接する機会があり、自分の経営者として非常にシビアで優れている面を発見しました。特にコスト感覚の面ではかなりシビアなだけでなく、個人的なものを会社のお金で買っていないということが、オーナー経営の会社ではかなり優位に働いているようです。ここセブ島で、車も持っていませんし、自分の家もすべて自腹だし、メイドさんなんて雇っているはずがなく、従業員も自分の私用で使うことは絶対にしません。こんな簡単なことが、自分がオーナーになってしまうと、90%以上の人が一瞬で忘れてしまって、結局無駄使いをしてしまっているのです。

いまだにランドリーに自分で洗濯物を持っていくのが、結構好きなんですね。車とかセブ島で5,6百万円もするもの買うくらいなら、その分投資に回します。

そして、いよいよ新たな投資に乗り出します。そこそこ大きな金額なんですが、実は先月の利益で実質半分くらい賄えてしまっていることが判明。今後の展望もかなり明るく、3,5年先を見据え、計画を慎重に練っていきたいと思います。

ポストMBAの新たな目標を今後考えていきたいと思います。

カテゴリー: 仕事 | 2件のコメント

最後の授業のMarketing Strategyを前に思うこと

4月12日からいよいよ僕にとっての最後の授業が香港で始まります。

4月12日~1週間
5月18日~1週間
6月23日のFinal提出

上記にてすべてのMBAの授業が終わることになります。
つい昨日テキストやケーススタディーがすべてそろい準備を始めているのですが、やはりそのボリュームに圧倒されます。今回僕はこのMarketing Strategyだけなのでまだいいほうなのですが、通常はこれにもう1科目あるわけです。これはキツイです・・・。

1.英語だけの問題ではない

先日会社の関係でTOEICを久しぶりに受けました。ほとんど勉強しませんでしたが、TOEICって簡単だなと思えるくらい、英語力は上がった気がします。発言とか奥の深いことを言うのはまだまだですが、結局のところMBA特にEMBAは仕事をしながらになるので、精神力との戦いになるように思います。英語がネイティブの人たちにとっても、仕事をしながらはかなり厳しい。MBA期間中は本当に精神をすり減らすような日々が続くのです。

2.卒業していくクラスメイトを見て思う

僕はなぜか運悪く、1年遅れでも卒業できずに、なぜか取り漏れてしまったMarketing Strategyのために、一人だけ(あるいは誰かと一緒かも)どっか別のタイミングで卒業をすることになります。こういう不幸な状況に身が置かれればこそ、見えてくることも多いです。今回シカゴでも一緒だった東京にも住んでいたクラスメイトが、圧倒的な成績でHigh Honorを取得したのを目の当たりにして、英語だけが理由だとも思えない、なんともいえない差を痛感しています。

一方結局人は自分の強みを生かしてはじめて生きてくるわけで、久しぶりに戻ってきたアカデミックな場には自分の居場所はないと痛感しています。そもそも勉強が好きじゃないのか、能力がないのか、努力が足りなかったのか、今更考えても終わってしまった成績をよくすることはできません。

せめて自分の能力が発揮する場所で、努力をして、他の人にはできないことを作り出してこそ、MBAで学んだ意味があるのかなと思っています。

なんにせよ、あと1科目。3か月後の6月23日ですべてのMBA課程が終わります。
長い3年間でしたが、あともう一息。。。

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ

MBAのネットワーキングに貢献!!!

前回のMBAの授業中に、日本人のクラスメイトから僕の業界のある会社を某クラスメイトが紹介して欲しいという話がありました。いろいろ考えた挙句、その会社ではなく、別の会社を紹介したのですが、めでたく成約!!!ということで今日はネットワーキングについて

1.起業か転職のためが一番有益ではないかと思います。

そのクラスメイトはMBA卒業後新しいビジネスを模索していたのですが、めでたく今回日本の企業のパートナーをみつけたわけです。紹介者は僕なのですが、今回たまたま僕というその業界にかなり詳しい人に話がいきついたというところがポイントだと思います。

新しく事業を立ち上げる場合、あるいは転職先を探される場合など非常に役に立つケースがあるように思います。

2.大企業勤務だと仕事にはそこまで生きない

大企業の特性を考えると、すでにいろいろ事業が確立されていると、人事部とかMBA人材のネットワーキングが必要な部署以外はあまり役に立たないように思います。大企業勤務の場合だと、社内での昇進に役に立たない場合は、MBAは使い道がないようにも思います。

MBAで学んだことがどこまで生きるかは、また別の議論になるのでここでは詳しく述べません。

3.シカゴ大学に入学したときに決めたこと

一応クラスメイト、アルムナイからの依頼はできる限りこたえて行こうと決めています。たとえば、知っている会社があれば、できるだけ紹介しますし、時間が空いていれば同席して少しでもアドバイスしたり。実際にMBAって入学で学ぶことより、入学後どうしていくかのほうが重要だと思っています。

こうした少しの心がけが、シカゴ大学のMBAの評価UPにつながり、自分の仕事にどこまで生かせるかはわかりませんが、その部分はいつか少しでもあればいいかなあとそこまで期待してません。

4.自分の考えるネットワーキング

本来的には自分や自分の企業が魅力的になれば、いい話が転がり込んできます。これは本当に間違いないです。実際に大手企業との提携とか、普通にきちんと事業をやっていれば、必ず話が舞い込んできます。自分からアプローチするよりも、こちらが検討できる立場なので、非常に良い話になります。

一方MBAのネットワーキングとかで紹介してもらうと、無理矢理でも成約しようと思ってしまうので、そういうアプローチの仕方が本当にいいのかは疑問です。

ネットワーキングについては人それぞれ考え方もあると思うので、これはあくまで僕の意見ですので。いずれにしても、協力できてよかったです!!!

カテゴリー: 仕事 | コメントをどうぞ