「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

> フィリピン留学の基礎知識

フィリピン留学の基礎知識

語学留学と言うと、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなど、英語圏の留学をまずは思い浮かべるかと思いますが、近年、東南アジアの一国フィリピンにおいてその英語習得効果の評判が徐々に高まり、日本人のみではなく、韓国人を中心にアジア各国からフィリピンにおける語学研修が盛んになってきています。
ここではそのフィリピン留学の基本情報とポイントを、当社が抱えるフィリピン長期留学経験者スタッフによる留学生視点の経験と、フィリピン長期在住元大手セブ島語学学校スタッフの運営側による体験、経験を元に、偏りのない視点でお伝えしていきます。

フィリピンの基礎情報

正式国名 フィリピン共和国(Republic of The Philippines)
日本からの飛行時間 約3時間50分~4時間30分※アジアの乗り継ぎ便を除く
時差 -1時間 ※例:日本が午前9:00→フィリピン午前8:00
人口 約8,857万人
公用語 英語、フィリピノ語
※現地では、新聞やTV番組、街中の看板や公的文書に至るまであらゆるところで英語が利用されます。現地人同士の通常会話は現地語ではありますが、留学生が関わる現地人のうち体感で9割以上の成人国民が英語でのコミュニケーションが図れます。
首都 メトロ・マニラ ※第2の都市はミンダナオ島ダバオシティ、第3の都市はセブ島セブシティ。
宗教 カトリック83%、その他のキリスト教10%、イスラム教5%、他2%
※国民のほとんどが熱心なカトリックで宗派はいくつかに分かれます。非常に熱心である為、フィリピンでは安易に宗教の話題を出す事は絶対に避けなければなりません。
気候 熱帯性気候  年間平均気温26℃~27℃
※2月下旬~7月頃まではサマーシーズンとして毎日非常に暑い日が続きます。この時期はリゾートなどに多く旅行者が集まりますが、ビーチやマリンスポーツに最適です。
一方8月~2月頃までは雨季として、雨が降る日が多く気温も若干汗ばむ位の過ごし易い日が続きます。雨は熱帯に良く見られる一時的なスコールがほとんどですが、近年2010年位から、1月、2月は一日中雨が降り続くという天候になってきています。
通貨 フィリピンペソ  2016年11月現在1ペソ→約2.2円
※フィリピン国内ではほとんどの場所でフィリピンペソのみを取り扱っています。USドルなども一部高級リゾート、マリンスポーツショップなどの観光施設で利用可能ですが、日本円は一部日系のお店でしか利用できません。基本的には両替をする必要があります。またT/C(トラベラーズチェック)は、ほとんどのお店で利用できませんので、T/Cでの持ち込みは避けた方が良いです。クレジットカードは町中のスーパーマーケットなどでも利用可能ですが、セキュリティポリシーに不安がある為、一部高級リゾートなどを除き、避けた方が良いです。
チップ 基本的にはなし。
フィリピン英語 アメリカンアクセントを基にした英語。
※一般的な人々の話すアクセントはフィリピン人アクセントですが、他の英語公用語国と比べ癖がなく、単語単語の発音は非常に綺麗です。小学生から学校授業は英語で行なわれ、英語を日常的に利用するという環境がある為、映画、テレビなどから欧米の影響を受けている人々も多く、発音が非常にネイティブに近い人も大勢います。この背景にはもともとアメリカの植民地であった事情があります。

フィリピンにおける語学留学の利点

  1. マンツーマン授業が主流で、留学をする上で一番価値のある「使える英語」を学ぶ事が出来る。
  2. 短期1週間から入学出来、毎日3食込み、寮滞在スタイルで初心者の留学でも非常に安心。
  3. 他国と比較して留学「総額」費用が半額で賄える。
  4. 日本から直行便であれば飛行時間4時間ほどの距離。
  5. 欧米圏のような滞在ビザの規制が厳しくなく、事前手続き一切なしで留学可能な為、思い立った翌日にでも出発が可能。
  6. フィリピン人の講師は同じアジア人として威圧的でなく、英語を躊躇いなく利用する事が出来る。また、語学学校の講師は社会的地位も高く、優秀な人々が働く業界となっている。
  7. 授業時間が長く、自身のやる気次第で、短期留学でも成長が期待出来る。
  8. 平均的に物価が安く滞在費用を安く抑える事が出来る。
  9. 一番人気のセブ島留学では、世界的なビーチリゾートでマリンスポーツなども楽しむことが出来る。

以上のことから、コストパフォーマンスが非常に高く、英語学習の効果のみならず、価格やビザ、交通の手軽さから気軽に出発することができ、語学留学が身近なものになってきています。

フィリピンにおける語学留学の注意点

  1. マンツーマン授業が主流で、留学をする上で一番価値のある「使える英語」を学ぶ事が出来る。
  2. 短期1週間から入学出来、毎日3食込み、寮滞在スタイルで初心者の留学でも非常に安心。
  3. 他国と比較して留学「総額」費用が半額で賄える。
  4. 日本から直行便であれば飛行時間4時間ほどの距離。
  5. 欧米圏のような滞在ビザの規制が厳しくなく、事前手続き一切なしで留学可能な為、思い立った翌日にでも出発が可能。
  6. フィリピン人の講師は同じアジア人として威圧的でなく、英語を躊躇いなく利用する事が出来る。また、語学学校の講師は社会的地位も高く、優秀な人々が働く業界となっている。
  7. 授業時間が長く、自身のやる気次第で、短期留学でも成長が期待出来る。
  8. 平均的に物価が安く滞在費用を安く抑える事が出来る。
  9. 一番人気のセブ島留学では、世界的なビーチリゾートでマリンスポーツなども楽しむことが出来る。
  10. 先進国の日本の特徴でもある、”安全な街”、”綺麗な設備”というような、日本と同じ感覚で行くのはやめましょう!時には、部屋にヤモリ(体長5cm位)、日本にもいるけどそれより大きな虫、本当にまれですがネズミなどの予期せぬ訪問者もいます。治安では、ひったくり被害は当然あります。また、最悪は拳銃を突きつけられての脅し事件も「ゼロ」ではありません。まずは、そういう正しい情報を代理店、且つ外務省のホームページや、フィリピンについてウェブサイトから収集して、そういう面もあるのだという事を踏まえて留学を考えてくださいね。いい事ばかりではありません。大事なことは、それを知識として持って、節度ある生活を送りながら英語を楽しく勉強する事が大事だと当社は考えます。
    ※当社では現地長期在住スタッフにより、現地に根付いた詳しい情報がご提供可能です。
  11. インフラ(電気、水道、インターネット回線)が、安定していない為、停電、断水などが時々起こります。
  12. フィリピンの語学学校において留学する際は必ず学校のSSP(学生許可証)、TESDA(政府教育認定機関)の登録(番号)を確認する。許可を得ていない学校は途中で営業停止処分を受けたり、学生は罰金の上強制送還されブラックリストに掲載される可能性があります。
  13. 基本的な手洗いなど衛生面に特に気を遣う必要があります。
    ※当社フィリピン長期在住スタッフは肝炎にかかった事があります。
  14. フィリピンでは、予告無しに休日が宣言されたり、変更になる可能性があります。休日についての詳細は、以下リンクよりご確認ください。
    フィリピン・セブの休日
フィリピン留学用語豆知識『TESDA』

以前はこのTESDA証明書、付加価値として認定を受けるだけのものだった為、学校によっては正規に運営(SSPを取得)できていてもTESDAを取得していない所もありましたが、2010年以降に設立された語学学校は、このTESDAの認定というものがSSP(学生許可証)と合わせて必ず必要となっています。
従って、近年新しく設立された語学学校において、TESDA取得の記載がないものはSSPも実際に許可される事はありませんので注意が必要です。
(当社では全てSSP,TESDA共に政府認可を受けた正規語学学校のみ取り扱っております。)

以上、注意点を予め出来る限り把握しておくことで、留学滞在中の安全確保、また満足のいく留学に繋がります。

留学を検討する上でやはり一番重要なものは「生の情報」です。
当社では、一番重要な生の情報を詳しく、現地長期在住スタッフから正直にお届けできる唯一のフィリピン留学エージェントです。

フィリピン留学について