「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないニュージーランド留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本と現地スタッフの充実サポート!!

留学に必要な知識

留学をする際には

留学に必要な知識

いざニュージーランドへ留学をしようと一念発起をします、ここで少し待ったをかけて見ましょう。 決意した心に少しのゆとりを持たせて、考えてほしいことがあります。 それはこれから自分が赴く国がどのような文化で、どんな国民性溢れる人が住んでいるのかという点です。 おそらく大半の日本人留学生が困惑するのは、ニュージーランドを始めとしたオセアニアの水事情でしょう。 詳しくはこちらからご確認ください。
国が違えば文化や風習も異なるため、そうした違いも理解する必要があります。 それらの違いを踏まえた上で、これから自分が留学しようとしている国ではどのような教育体系と、通うことになる学校事情についても把握していれば困ることはありません。 留学前から知っておきたい知識、ここでは主に留学という視点から見た英語を学ぶ学校事情について紹介します。

大まかに分けて

留学をする時、学生ビザでもワーキングホリデービザでも、どちらになろうとも通うことになる語学学校について、どれほど知っているでしょうか。 人口およそ400万人前後となっているニュージーランドは国土も日本より小さく、加えて主要都市部で生活している人が殆どとなっています。 留学生もオークランドやウェリントンなどにある学校に通学する事になりますが、その学校選びから日本とは形態が異っています。
ニュージーランドへ行く前には必ず知っておきたい学校について、大まかに分けて2つの種類に分けられています。

大学・ポリオテクニック

まず一つは、ニュージーランドで言う『大学』、あるいは『ポリオテクニック』と称される専門学校付属の語学学校に通うという手段です。 留学生の場合はこれらの機関にある語学コースへの通学が基本となっています。 中でもポリオテクニックと言われる専門学校は工学などの技術的なものから、芸術的な方面への影響力を有しているところなど様々です。 対して大学は日本でいうところの大学を想像していただければ問題ありません。 違うところとして、ニュージーランドの大学は二期生で、加えて国内の大学生は3年のカリキュラムで卒業できるという点が挙げられます。

私立の語学学校

もう一つ挙げられる、恐らく大半の留学生が通うことになるのがこちらの私立で運営されている語学学校への通学です。 私立の語学学校といっても学ぶコースにより異っていて、語学を学ぶための一般コースの他、ニュージーランド国内の大学に進学するための『進学準備コース』と呼ばれるものもあります。
英語を学ぶ以外にもスポーツや文化的活動を学べたりと、語学留学という枠に当てはまらない様々なカリキュラムが学校毎に用意されています。 例で言えばバリスタコースなども当てはまります。

政府公認かどうか

この2つに分岐される学校の種類で、最も異なる点としてあげられるのは『ニュージーランド政府公認かどうか』です。 私学の中には政府から高く評価されているところもありますが、オークランドにしても政府公認の大学とは実はとても数が少ないのです。 その意味で考えれば、政府が容認しているところへの通学がかなりハードなものになるのは留学生であっても十分理解できるはずです。 そんな大学への進学を考えている留学生も多いので、学生ビザを取得して熱心に勉強を頑張っている人は進学先として展望を抱いている人もいます。

学校の選び方は

これらの違いを踏まえた上で、留学先となる学校を選んでいきます。 語学をしっかり学びたいという人は専門的なカリキュラムが多く用意されている大学やポリオテクニック付属の語学学校へ、語学だけではなく様々なことを学びたい場合には私立の語学学校と見るといいでしょう。 もちろんこれが最善の選び方とはいえないので、自分にあった選び方と留学先で語学を学びながら何を見るか、留学前に考えてみるといいでしょう。
それを踏まえた上で、留学をする際にはこれから自分がしばらく暮らすことになる国についても把握しておきたい知識は、しっかり調べておきましょう。

日本人の存在をどう見るか

こちらも人によって変わってきますが、留学先に日本人が少ないほうが良いと考えている人もいると思います。 全くいない、と考えている人もいますが、人気の留学先となっているので難しいところでもあります。 ですが自分を追い込むという意味では、日本人が比較的希望しない、オークランドを始めとした大都市に留学するのではなく、田舎へ留学するという手もあります。 ただそうなるとかなり厳しい生活環境になるので、覚悟を持って渡航しましょう。