「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないカナダ留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本と現地スタッフの充実サポート!!

> > 現地訛りやアクセントについて

現地訛りやアクセントについて

現地訛りやアクセントについて

現地訛りやアクセントについて

日本語にも、訛りや方言があるように、英語にも訛りや方言があります。国により特徴があり、さらに同じ国でも地域や階級、時代によりさまざまな違いがあります。ここでは、カナダ英語の訛り、アクセントについてご紹介します。

どのような特徴があるのか?

カナダ英語は、アメリカ英語とイギリス英語のちょうど中間のような英語というと分かりやすいかもしれません。ですからカナダ英語は、時にイギリス英語の単語アメリカ英語の単語を使う事もあります。カナダは多くの移民を受け入れる他民族国家ですので、誰にでもわかり易い、ニュートラルな英語が使われています。また、カナダ独特の表現もあり、カナダはニューファンドランド州以外ほとんど訛りもありません。ケベック州の公用語はフランス語です。

例えば、最も有名な例の一つとして「about」という単語の発音があげられると思います。

アメリカ英語:アバウト
カナダ英語:アブート

このように多少のアクセントはありますが、特に学習に支障が出るレベルではありません。きれいな英語を学びたいという方にカナダは最も適した場所だと言えるでしょう。

カナダ訛りでも勉強できるのか?

カナダ英語は、方言もほとんどないニュートラルなものなので、外国語としての英語の習得を目指すには最高の環境です。また、彼らの比較的ニュートラルなアクセントが分かりやすいためトロントのあるオンタリオ州の英語は、北米のアナウンサーの標準語にもなっているきれいな英語です。 そのため、外国人の訛りのある英語に対しても免疫があるため、比較的住みやすく、安心して学習できる環境であると言えます。